Loading…

スポンサーサイト

Posted by Seji Murasame on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野へ

Posted by Seji Murasame on 18.2011 旅行   9 comments   0 trackback
もうすっかり季節更新と成り果てた感のあるこのブログ。
二月半ぶりの更新ですが、今回は意外と早かったと感じる当たり我ながら終わってます。


さて、久しぶりの連休となった7月16日~19日。
梅雨明けの暑い日々が続くなか、またも旅行に行ってまいりました。
3月以来の、マイカーを引っ張り出しての遠出です。
そして今回はなんと一人旅ではなく、珍しく連れがいます。珍しく。
勿論同性ですけどね。

今回の行き先は、紀伊半島・熊野です。世界遺産にも登録されているところです。
とはいえ、名所旧所のあちこちを巡る旅、という感じにはならず、
行き先はその都度、行き当たりばったりでのんびり決める、という感じのユルい旅でした。
以下に簡単な旅行記と写真をぺたぺた。

15日(金)の夜23:30、今回のツレを車へ押し込んで旅行開始。
我らがファッ管(敬称略)のおかげで高速1000円が終わってしまったので、
のんびり一般道で西国へと向かいます。
バカ正直に国道一号線に拘ってしまっため、真夜中に箱根越えなんぞをやる羽目に陥ったりと
やや出だしでポカをやらかしたりしつつも、夜明けごろには名古屋手前へ。
適当に休んだり運転を交代したりして、昼過ぎに第一の目的地、
真言密教の大本山・高野山金剛峰寺へ着きました。

入口
入口

中庭  石庭1  石庭2
中庭や石庭など。一番右の石庭(蟠龍庭・ばんりゅうてい)は日本一広いんだそうですよ。

なんとなく武家屋敷みたいな趣のある寺内でした。
というか武家屋敷の方が寺に似せてあるのか。
あまり豪華絢爛といった風情ではなく、厳かで質実剛健な雰囲気がありました。

次に、かの空海が入定したという奥の院へ。

奥の院1  奥の院2
奥の院の入り口になる「一の橋」を渡ると、途端に空気が一変。
ゆったりした門前町から、厳粛な空気溢れる聖域へと早変わりしました。
いや本当に空気も雰囲気も変わるからびっくりです。
太く高く幹をそびえて立つ杉の木々が深く覆う中、御廟へと繋がる道沿いに、
膨大な数の墓やら供養塔やらがそびえ立っています。
供養塔のなかには、右の写真のような歴史上の著名な人物や一族を奉るものも多数あり、
戦国時代の北条一族や武田一族、そしてかの豊臣秀吉の墓までありました。
さすが聖域。

空海が眠る御廟へは、一の橋から歩いて2~30分ほど。意外と距離がありました。
お疲れ様です、と軽くお祈り。

連れがやたらと疲労困憊してダメっぽいのと、時間が押していることもあり、
高野山を早々とおさらば。壇上伽藍とか見れなかったので、もう一度来ないとなあ。
紀伊内陸部の山々の中を押し進み、暗くなる前に和歌山側の海岸沿いへとたどり着きました。
さて今宵の宿はどうしようかと探したところ、白浜温泉のホテルに丁度空きがあったので、
そちらで一泊。たらふくの食事と泉質の良い温泉を堪能しました。


17日(月)。
二日目は、やたらと疲れていた連れに配慮して、
チェックアウトぎりぎりの12:00までホテルに滞在。
ゆったりと朝風呂を漬かった後に二度寝を楽しんだりと、ゆるゆるに過ごしました。
白浜温泉を出発し、紀伊半島を横断する国道311号線を西から東へ。
丁度、熊野古道の中辺路と重なるこの道。
熊野の山々をしばらく進むと、広々とした熊野川沿いを走るようになりました。
紀伊の山々と熊野川が調和して、中々に明媚な風景。
この辺りになると、しばらく続いた青空も遂に翳り、道中大雨に見舞われたりしましたが、
山中の雨はこれはこれで味わい深く、幽玄な雰囲気を醸し出してました。

2時間ほど車を飛ばし続けると、山地を抜けて東側の海岸沿いへ。
そこからやや南下して那智勝浦へ。目的地は単独落差日本一の名瀑・那智の滝です。

那智の滝1  那智の滝2  那智の滝3
那智山へ向かう県道上で、既にその御姿を遠望できていたけど、
正面まで寄ってみると改めて凄い迫力でした。
過度に整備などされず、周囲も自然の原型のままで残している点も尚良し。
木々の間から徐々に滝姿が垣間見え始めるのも印象的でした。

那智の滝遠景
熊野那智大社より那智の滝遠景。木々に深く覆われた山からぽっかり顔を出すように
那智の滝が顔を出しています。

台風が近付いているため天候も不安定になってきたので、旅はここで取り止めにして帰路へ。
名古屋を経由して東海道へ入り、ついでに箱根ふもとの御殿場で温泉と食事を堪能。
帰宅したのは翌18日の19時頃でした。

おしまい。
色々見残しが多く、熊野と紀伊半島にはまた再訪したいですが、
ゆったりとした良い旅でした。


スポンサーサイト

奈良もええでよ
熊野古道もゆっくりと味わうがよい。

またきりゃんせ
2011.07.19 01:32 | URL | さぎ #- [edit]
あいかわらずの強行軍、おつかれさまでした
神社は中に入るといきなり雰囲気変わるから不思議
急に静かになるんですよねえ
私も和歌山に気になるところがあるからそのうち行くぞ
2011.07.19 22:53 | URL | やわらか #- [edit]
>詐欺師
そういえば奈良は全然行ってねーな・・・・・・鹿と戯れたいです
そのうち行くぜ

>やわらか
久しぶり。最近ご無沙汰ですまないねえ。
相変わらずの強行軍だけど、今回は旅行中にたっぷりと休ませたおかげで
最後はピンシャンとしてたよ。帰りの道中の運転もまるっと任せたしねw

神社はいいよね。鳥居をくぐると、どんな神社でも大なり小なり本当に空気が変わる。
今回行ったのはお寺の方だけど、やっぱり何かを奉っているようなところは、
やっぱり俗世と異なる何かが漂ってるよ。
まあとはいえ、あまりに観光地化し過ぎて人がひしめいてるようなところだと、
人の俗臭さに塗れて雰囲気を保ちきれないこともあるけどねw

和歌山は良かったよ。そのうちまた行こうや。
2011.07.20 21:52 | URL | Seji/鯨 #B3GXRyaE [edit]
お久しぶり♪
皆さんお忙しいのかしら?
皆さんのブログ、更新滞ってる方多いわね

それにしてもいつも忙しいご旅行ね
少しはのんびり旅したら良いのに。

もう少し場所絞ってのんびりと見てまわればいいのに。
もったいないわよ♪
2011.09.01 17:40 | URL | りゅーぐー #mQop/nM. [edit]
私に関しちゃ何も言い訳できないなあw
せっかくだし、何かネタでも用意しておけれれば良かったけれども。
まあ次回に期待してて。いや期待しなくていいや。

他の人はどうだろう。
忙しかったり、ネタがなかったり色々あるだろうけど、
次のステージに移っちゃった、ていうのもあるかもしれないね。

ちとさびしいけど、でもまあ、仕方ないことかもしれないねえ。

旅行は……うん。
本当はもう少しゆったりしたペースになる予定だったんよ?
今回はツレもいるし。

……まあなんだ。東京から和歌山までの距離が悪いんや(・ω・)
2011.09.02 17:17 | URL | Seji/鯨 #pXhA180c [edit]
なんだか前回お邪魔した時と変わってないから、変な感じ♪

あけましてあめでとう

年末、元日とお仕事忙しいみたいだけどお疲れ様♪
お仕事だからのんびりってわけにはいかないでしょうけど
体調に気をつかって頑張ってね
2012.01.02 19:32 | URL | りゅーぐー #mQop/nM. [edit]
|ω`)あ、アケオメー
更新さぼっててごめんなさいまじごめんなさい
次の更新は多分3月頭頃になるかと
また梅と早桜見に行きますよ
たぶん
うん、たぶん
2012.01.23 17:42 | URL | Seji/鯨 #bBmFigmc [edit]
残念 三月じゃなかったみたい♪

相変わらず忙しそうだけど 体調に気をつけてね
特にインフルエンザ
疲れてるときは倒れちゃうわ

それじゃまたね♪


2012.02.27 15:39 | URL | りゅーぐー #mQop/nM. [edit]
あらら、残念。すれ違ってたねえ。

今年はどうにもタイミングが合わないから、桜も見に行かないかも
代わりに今月末か来月あたりに連休作って遠出しようと思ってるよ

また次の機会まで元気で。
2012.03.06 08:37 | URL | Seji/鯨 #B3GXRyaE [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://aquironia.blog7.fc2.com/tb.php/124-e44cbf61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。